参考のための資料 インターネット検索
もうすぐ公開します
注目のキーワード
  • キャッシング
  • ワキガ
  • 転職サイト
  • 過払い
  • 豊胸
  • バイク買取
  • 医療保険
  • お見合い
  • オフィス物件
  • 中古車査定
  • 消費者金融
  • 美容整形
  • 結婚情報
  • 不動産売却
  • 自動車保険
 
  • 美容
  • 脂肪吸引
  • 二重整形
  • ダイエット
  • 視力矯正
  • 植毛
  • 保険
  • 生命保険
  • 学資保険
  • 定期保険
  • ガン保険
  • 保険比較
  • パソコン
  • パソコン比較
  • ウィルス
  • 情報漏洩
  • 光ファイバー
  • 専用サーバー
  • ローン
  • 低金利ローン
  • 住宅ローン
  • ファイナンス
  • ローン審査
  • 小口融資
  • 暮らし
  • 車検
  • 中古車売却
  • 廃車
  • 引越し
  • 防犯カメラ
  • 仕事
  • 転職
  • 就活
  • 派遣
  • 請負代行
  • 予定派遣
「こども保険」は、子どもに《万が一》があった場合の保障を準備するためのものではありません。支払う保険料を積み立てていき、子どもの成長過程に合わせて、特定の時期に子どもが生存している場合に『祝金』として受け取る保険です。

この保険は、契約者(親)が死亡した場合は以降の保険料払込が免除され、契約はそのまま継続して「祝金」を受取ることができます。

子どもが成人するまで‥というように、期間を限定してまとまった大きな保障が必要なのか、配偶者が一生涯暮らしていける保障が必要なのか‥など、考え方はいろいろです。

一般的に、高額な「死亡保障」を必要とする期間は末子が自立するまで‥と考えます。
晩婚であったり子の誕生の時期が遅くなり、配偶者と幼い子はいるが高齢なので「死亡保障」は控えめ‥ということでは、「生命保険」の相談相手でなくても心配します

ガンになった場合、たとえ僅かでも治癒の可能性があるならば、最先端の技術を導入した治療法や新薬の投与を試みることでしょう。しかし、その費用は高額です。
そこで、『がん保険』による備えを考えます。「がん保険」は、対象となる病気をガンに限定したうえで高額な治療費が保障され、安心して治療に専念するための保険です。
「がん保険」の多くは、ガンと診断されることから給付が始まります
copyright(c)2007-2009 all rights reserved